8月, 2018

now browsing by month

 

サプリメントの飲み合わせに注意!エイジングケアを効果的にするには?

エイジングケアのためにサプリメントを摂取する上で注意すべき点があります。
それは“飲み合わせ”です。数種類のサプリメントを同時摂取した場合、相乗効果が得られることももちろんたくさんあるのですが、逆に互いの効果を抑制し合ってしまう場合もありますので注意しましょう。

サプリメントは相性が大切!

 サプリメントを複数摂取する場合は、必ずそれぞれのサプリメントの役割と相性を把握しておきましょう。上手く活用すればそれぞれの効果をさらにアップさせることもできます。

 例えば、コラーゲンとビタミンCは大変相性の良い成分です。老化によってコラーゲンの劣化が進むとお肌にシワができやすくなります。ビタミンCはそんなコラーゲンを体内で合成させるのを手伝う役割をしてくれますので、これらを同時に摂取すればより効果的ということになります。

それとは反対に、コエンザイムQ10のサプリメントは、キチンキトサンと相性がよくありません。コエンザイムQ10は細胞が酸化してダメージを受けないようにする抗酸化作用を持ち、体内の脂に溶けて体に吸収されてその効果を発揮します。しかしキチンキトサンは、脂の吸収を抑えて脂肪を付きにくくする性質があるので、コエンザイムQ10の作用に必要な体内の脂を減らしてしまうのです。これでは互いの効果は半減してしまい、両方を摂取する意味がなくなってしまいます。

そして特に注意したいのは、病院のお薬との飲み合わせです。例えば、病院で心臓の働きを強くする『強心薬』を処方されている人が、カルシウムのサプリメントを自分自身でも摂取しているとします。強心薬にはカルシウムを補給する働きがありますので、そこにさらにカルシウムを摂ってしまうと、カルシウムの過剰摂取な状態が続いてしまうことになり、体にあまりいい影響を与えません。
 このように、サプリメントもお薬と同じように、飲み合わせには気を付けて摂取しましょう。

コンシダーマルが買える店舗、ドラッグストア
http://www.alfaleo.info/

サプリメントは白湯かお水で飲みましょう!

 サプリメントを毎日飲み続けるというのは、なかなか面倒くさい時もありますよね。食事のついでや、ついつい手元にあった飲み物で飲んでしまいがちです。
しかし、お茶やコーヒー・紅茶などの飲み物には、カフェインやタンニンなどの成分が含まれていて、これらがせっかく摂った栄養素を吸収しにくくしてしまう場合があるので要注意です。ちょっと面倒でも、できるだけお白湯かお水で飲むように心がけましょう。